かつては学生キャッシングというものも盛んに営業していましたが、現在では中小の消費者金融が一部で営業するに留まっており、大手はどこも学生キャッシングを扱ってはいません。それに代わって学生でも利用できるキャッシングやカードローンのサービスが行われています。むしろ、それまでの学生という区分が取り払われたというのが正解で、学生も社会人も同じ商品を利用することになったというべきでしょう。

ただし、多くのキャッシング、カードローンは利用条件を満20歳以上としています。未成年の場合に利用できるキャッシングはほぼないという状況なので、学生であっても未成年の場合はお金を借りることがかなり難しいというのが現状です。

20歳になるとほぼすべてのキャシングやカードローンに申し込むことができるようになります。学生の方の利用には同意書が必要としているキャッシングも一部でありますが、おおむね一般社会人と同じ扱いを受けることができるでしょう。ただし、同じ扱いということは、当然本人に一定の収入が求められるということです。学生の場合はアルバイトで定期的な収入を得ているかどうかということになります。キャッシングを利用可能な金額をアルバイトで得るには、それなりの時間をアルバイトに割いている必要があります。