インターネット上で、カードローンやフリーローンに関する情報を検索すると即日キャッシングという内容を目にします。借り入れを急ぐ場合、申込日当日中に借り入れが出来るかどうかが重要なポイントになっています。
しかしながら、消費者金融の場合、貸金業法により誇大広告に関する禁止事項が定められています。その中には事実誤認に繋がる内容の掲載があります。消費者金融の公式サイト上では、即日キャッシングといった説明はなく、最短即日や条件が記載されています。

比較サイトや口コミサイトなどはこの条件が記載されていないケースがあるため、最短即日で借り入れを希望する方は注意する必要があります。また、銀行ホームページにおいても、最短契約に関する情報を商品説明やよくある質問内容に記載しているため、隅々までチェックすることが重要です。

インターネット上の情報は、不確かな情報が多くあるだけでなく、独自解釈によるものがあります。現在では、あたかもキャッシング契約が即日借入OKのように掲載されているものの、公式説明ではないこと、本来であれば貸金業法など諸法律に反する内容であることを認識する必要があります。即日キャッシングは、あくまで可能性があるだけと考え、余裕を持って申し込みするのがおすすめです。