消費者金融のキャッシングは、本人に定期的な収入があれば、正社員ではなく、アルバイトとして働いている人でも申込みできます。アルバイトの人が申し込んだ場合、審査で重視されるのは、他の金融機関から借り入れをしているかどうか、現在のアルバイト先での勤続年数です。

アルバイトは、正社員と比べると年収が低いので、返済能力という点では不利になります。そのため、他社からも既に借りていると審査に通るのが難しくなってきます。勤続年数が長ければ、アルバイトであっても安定しているとみなされるため、審査に通りやすくなります。

また、審査では年収を考慮に入れて利用限度額が設定されるので、アルバイトの人の限度額は低めになります。あまりに高額な借り入れを希望するのは避けた方がよいでしょう。