銀行や大手消費者金融の場合、安定した経営基盤そして多くの利用者がいるため、収益は高くなります。特に大手消費者金融ともなると、銀行ローンの保証委託も受けているため、別事業による収益もあります。一方、中小消費者金融になると融資による利息が収益となり、大手ほど儲かるものではありません。

以前に比べ多くの消費者金融が廃業しており、新たに事業を展開した消費者金融でも貸金営業許可の更新を待たずして事業停止や廃業というケースも少なくはありません。そして、利用する側にとって注意が必要なのは、希望する金額以上に融資を提案されることです。

融資金額が多いほど、次回の返済までに発生する利息は高くなります。例えば、5千円だけ必要な状況で1万円も融資されてしまうと、本来支払うべき利息よりも高くなります。また、10万円や20万円になるほどよりその影響は大きくなるため、過度に融資を提案する消費者金融については経営的な安定を疑うことも重要です。もし、安心して利用したいのであれば、本当に必要な分だけを融資してくれるところを選びましょう。